軽度の歯列矯正ならワイヤーを使わなくてもできる!

歯並びの悪さで悩む人は少なくありませんが、こうした悩みも矯正治療を行うことでかなり改善されます。
最近は大人の歯列矯正を得意としているクリニックも増えていますので相談してみてはいかがでしょうか。
一般的な歯列矯正は歯の表側にワイヤーを取り付けて歯を動かしていくこととなりますが、一度装着したら治療期間中は勝手に外すことはできませんし、歯磨きがしづらい、食事が摂りにくいといった悩みも出てきます。
さらに大人世代ではワイヤーが目立つことに抵抗を感じる人も少なくありません。
そして、金属アレルギーのある人は矯正をしたくてもワイヤーが取り付けられないことであきらめている人もあるのではないでしょうか。

歯列矯正の技術も日々進化しており、比較的軽度の症状であればワイヤーを使わずとも矯正を進めていくことができます。
こうした施術が対応できるかどうかは、まずは診察や検査を受け、歯科医師に判断してもらいましょう。
ワイヤーを取り付けずにどのように矯正を進めていくことになるのかも知っておきたいですが、近年注目されているのは透明のマウスピースを使った治療です。

マウスピースを使った治療にも色々な種類がありますが、特に注目されているのがインビザラインです。
インビザラインを使うメリットは、まず透明ですので近くで見られた場合も装置が目立ちませんし、金属を全く使わずに治療を進めていくことができますので金属アレルギーのある人にも安心です。

ワイヤーを使った矯正は歯磨きで苦労する、食べにくいなど患者さんの負担も少なくありませんが、インビザラインは自由に取り外しができるのも特徴的です、
それゆえ、矯正を始める前と同じように食事も楽しむことができますし、歯磨きも装置を外してしっかりと行うことができますので、矯正期間中の虫歯や歯周病を防ぐ効果も期待できます。

マウスピースを使った矯正では治療期間や費用がどうなるのかも知っておきたいですが、特に長くかかるというわけではなく、一般的な矯正治療と変わらずに矯正ができるとされています。
症例によって期間や費用は変わってきますのでカウンセリングの際にはよく確かめておきましょう。
そして、同じような治療でもクリニックごとに費用は違いますので、こちらもよく比較しておきたいところです。

マウスピースを使った治療は目立たない、自由に取り外しができる、金属アレルギーの心配がないなど多くのメリットがありますが、装着時間が短いと順調に治療を進めていくことができません。
装着時間はきちんと守り、正しく治療を続けていきましょう。